IBASE

研究開発

力強い研究開発チームに支援されたIBASEは現在、最先端技術を統合して、標準製品でもカスタム製品でもユニークで特殊な要件を満たし、また製品化までに要する時間を短縮する製品の設計・開発において他社をリードしています。

お客様の要求を認識し、満たし、さらには要求を上回る製品を提供するために、IBASEでは製品開発の初期計画段階からロジスティクス、設計、製造、および品質管理などを含むあらゆる関連プロセスについて研究と検討をするためにさまざまな部門が関与します。品質上の要求を満たすことに加えて、IBASEのチームはコスト削減と開発プロセスの短縮を目標とし、クライアントの全体的な満足度を向上させるあらゆる問題に注目しています。

研究開発能力
研究開発能力
IBASEの研究開発チームは、エレクトロニクス、レイアウト、システム、機械ハードウェア、BIOS、ファームウェア、およびソフトウェアの分野で優秀なエンジニアを擁しています。チームの半数は各分野で15年以上もの経験を重ねたベテランであり、その他45パーセントのエンジニアは5年以上の経験があります。蓄積した専門知識により、研究開発チームは要求が厳しくダイナミックな市場向けに新製品を設計、製造することができます。さらに、お客様の特定の要件に応じて最短時間で正確に納品するために、チームはIPC業界で最も信頼できるODM/JDM企業との協力も行っています。
iSMARTテクノロジー
iSMARTは、システムを保護し、またシステムが電源を効率的に使用可能にすることを目的としてIBASEが生み出した技術です。エネルギー関連製品(EuP/ErP)について欧州連合が行ったEco設計の業績に基づいて、iSMARTはデジタルサイネージ用途にさまざまな機能を提供しています。こうした機能としては自動電源on/offスケジュール設定や電源障害検出、温度監視などがあり、特に低温環境では重要となるダウンタイムの短縮を実現します。またiSMARTは、BIOSを利用したシステム内プログラミングが可能であり、さらに、ソフトウェアの保護に使用できるデジタル署名も含めた機密データを保存する4KB NVRAMを有しています。 iSMARTテクノロジー
ハードウェアの性能
ハードウェアの性能
ソフトウェアの性能
ソフトウェアの性能